・800×480ドット対応。(WS011SH、IS02・・・)
・トプコン自動追尾、パワーモードの設定。
・GPT9000(自動視準)杭打ち旋回精度を5秒としました。(Ver1.52.1)
・[丁張設置]にて、A-P間の距離を水平、斜距離の切り替えを可能にしました。(Ver1.52.2)
・[丁張設置]にて、TSがライカの場合、測距モードが有効になっていなかったのを修正しました。(Ver1.52.2)
・[丁張設置]にて、点名のインクリメント対応。(Ver1.52.2)
・[丁張設置]にて、A-P間の比高を切り替え表示。(Ver1.52.3)
・[丁張設置]にて、1:N を切り替え表示。(Ver1.52.3)
・[延長点オフセット計算]にて、標高を計算。(Ver1.52.4)
・[境界点間測量]の、辺長の丸めを追加。(Ver1.52.4)
・[中心点、幅杭計算]にて、標高を登録。(Ver1.52.5)
・河川路線対応。(Ver1.52.5)
・「隅切り計算」を追加しました。(Ver1.52.5)
・[境界点間測量]の、辺長の丸めを再修正。(Ver1.52.5)
・単回の観測手簿に、距離の較差を追加。(Ver1.52.6)
・トプコン、ライカモータ機にて杭打ち時に、ノンプリで概略位置をサーチする機能を追加。(Ver1.52.7)
・ライカ、自動視準でない場合も旋回する。(Ver1.52.7)
・[丁張設置]にて、既存点のタップで計算可能にしまた。(Ver1.52.8)
・ノンプリサーチ機能で、IHのチェックを追加。(Ver1.52.8)
・[丁張設置]にて、既存点のタップ修正しました。(Ver1.52.9)

詳しくは、→ http://homepage3.nifty.com/A-Survey/page098.html#label12